« 電通のリポートを読み入る | トップページ | サブタレニアンズのイベント »

画廊回り、京都、6/11(水)

普段は火曜ですが今週は水曜に京都の画廊回りです。
今週の京都は幾つか良い展覧会がありました。
例によって撮影できた展覧会をご紹介します。

002

芝田芳作展 ニュートロン
DMの印象は「グロい」でしたが、実物はそれほどでもありません。

020

黒宮亮介×堅田貴治展 ギャラリーすずき
京都造形芸大の4回生2人展。黒宮さんは木彫、堅田さんは陶芸。

026

谷口友梨展 アートスペース虹
エナメル調の質感を持つ布を使った造形とインスタレーション。

029

taeko exhibition ギャラリーはねうさぎ
2匹の豚を主人公にしたイラストレーションや小物類。

038

中島一平展 ギャラリー16
ベテラン作家の新作絵画展。スキージーを駆使した画風が特徴。

059

大田ゆら展 イムラアートギャラリー
若干25歳の注目株。上空から群集を見下ろしたかのような絵画作品。

096

井川健一展 祇をん小西
漆の造形。はねのような形態が非常に美しい。器類も出品。

110

塚本晴香展 立体ギャラリー射手座
羽根の形をした半透明の小オブジェが部屋中に吊るされています。

上記の中では、中島一平展、大田ゆら展、井川健一展がおすすめです。
上記以外では、第1回 The NIHONGA@京都文化博物館5F、
長岡国人展@京都東急ホテルも良かったです。

各展覧会の詳細は、6月7日の当ブログでご確認を。

|

« 電通のリポートを読み入る | トップページ | サブタレニアンズのイベント »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/21571528

この記事へのトラックバック一覧です: 画廊回り、京都、6/11(水):

« 電通のリポートを読み入る | トップページ | サブタレニアンズのイベント »