« C.A.Pの7月のイベント | トップページ | 新着記事のお知らせ »

画廊回り、京都、6/24(火)

京都に出かけました。
今日はK新聞の取材も兼ねていたので
可能な限りたくさん見なければなりません。
結局20の展覧会をチェックしましたが、
時間切れで2つ見られませんでした。
うーん、残念。
しかも途中でデジカメのバッテリーが切れてしまい、
ほんの一部しか展覧会の様子を撮影できませんでした。
そんな訳で中途半端ではありますが、
展覧会の様子をご覧あれ。

20080624_001

安藤みちこ展  ニュートロン
垂直と水平のラインが強調された油彩画とドローイング。

20080624_013

初田寿展  ギャラリーすずき
白と黒の対比が印象的。前衛書道のようでもあります。

20080624_017

吉原和惠展  アートスペース虹
一見無邪気な作品だけど、展示は計算し尽くされています。

20080624_032

フキコボレ展  ギャラリーはねうさぎ
幼なじみ3人組ユニットによるインスタレーション。

20080624_030

潤井一壮展  ギャラリーはねうさぎ
写真とペインティングが合体したような作品。

20080624_037

田村和子展  ギャラリーはねうさぎ
女の子の内面に潜む様々な感情を描いた映像作品。

20080624_044

宮本佳美展  ギャラリー16
押し花を漂白し、写真撮影した画像を元に描いた絵画。

20080624_078

栗本夏樹展  ギャラリー恵風
漆芸作品。名物裂からインスパイアされた小品など。

20080624_087

新岡良平展  立体ギャラリー射手座
ファンタジックな絵画作品。優れた描写力に唸りました。

追伸
残念ながら撮影できませんでしたが、素晴らしい展覧会に
出合いました。ギャラリーヒルゲートの小島祐一展。
具象絵画で、今時オールドファッションともいえる
画風ですが、ものすごく存在感があります。
こんな骨太な作品には滅多に出合えないと思います。

|

« C.A.Pの7月のイベント | トップページ | 新着記事のお知らせ »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/21867398

この記事へのトラックバック一覧です: 画廊回り、京都、6/24(火):

« C.A.Pの7月のイベント | トップページ | 新着記事のお知らせ »