« 新着記事のお知らせ | トップページ | 画廊回り、大阪、6/23(月) »

CDはどこへ行く

書店で『ミュージックマガジン』7月号が目に留まりました。
特集のタイトルは「CDはどこへ行く」
近年CDの売り上げがどんどん落ちているらしいのです。
全盛期と比べたら2/3なんだとか。
主な原因はダウンロードが増えてきたから。
ネット販売の増加でCD店自体が減っているのも大きいそうです。
特集では、メーカーの大物にインタビューしたり、
評論家へのアンケートなどが載っていました。
しかし、顧客層への取材やマーケットの分析は行っておらず、
特集として少々物足りないかな、と。
それでも、出版業界と同じく音楽業界も厳しい状況だと
いうことは十分伝わりました。
そういえば自動車も販売台数が減少しているそうです。
よく言われるのは不況と少子化。
あと、若者がケータイにばかりお金をかけてるから。
果たして本当でしょうか。
私は非正規雇用の拡大が主因じゃないかと思うんです。
全労働者の1/3が非正規雇用といいますが、
40代以上は正規雇用が主流でしょうから(多分)、
20代・30代は1/3どころじゃないはずです。
明日をも知れぬ身で自動車なんて買うはずありません。
音楽もダウンロードの方が安くて簡単だし、
雑誌も絶対欲しいもの以外は買わないはずです。
健保や年金の不払いは言うまでもありません。
「やっぱり雇用の安定が第一じゃないの~」
素人の浅知恵に思いを馳せた今日22日でした。

|

« 新着記事のお知らせ | トップページ | 画廊回り、大阪、6/23(月) »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/21821605

この記事へのトラックバック一覧です: CDはどこへ行く:

« 新着記事のお知らせ | トップページ | 画廊回り、大阪、6/23(月) »