« 来週の展覧会 大阪編 | トップページ | 来週の展覧会 京都編 »

奈良へ行く

奈良国立博物館で明日(14日)からスタートする
国宝 法隆寺金堂展の記者発表に出かけました。
金堂の仏像13体のうち9体が展示され、天蓋、台座、
周囲を取り巻く再現壁画も出品されています。
中でも日本最古(飛鳥時代)の四天王像が揃って
寺外に出るのは今回が本邦初だそうです。
ただし、今日展示されていたのは広目天と多聞天の
のみ。残る持国天と増長天が合流して4体が勢揃い
するのは会期後半の7月1日~21日です。四天王像が
目当ての人は7月以降に行くことをお勧め
します。
(現在は、平安時代に作られた毘沙門天像と吉祥天像が
代わりに展示されています。こちらも素晴らしいです)
仏像は本来はお寺で拝見するものですが、
博物館ならではの良さもあります。薄暗い寺内よりも
像がはっきり見れますし、近くで見ることもできます。
後姿もばっちり見られます。
あと、金堂の壁面を飾っている再現壁画が素晴らしいです。
知っての通り、オリジナルの壁画は昭和24年の火災で
焼失しました。この再現壁画は、消失前に撮影された
写真を元にコロタイプ版画で線描を転写し、
当時の日本画壇の精鋭たちにより彩色されたものです。
再現ではありますが、見応えは十分です。
この夏おすすめの展覧会の一つと言っておきましょう。
展覧会の詳細は、博物館ホームページをご覧下さい。
http://www.narahaku.go.jp/exhib/2008toku/horyuji/horyuji-1.htm

20080613_051

※この画像は記者発表の様子です。

その後、奈良市内にあるギャラリーきょうばての
吉川直哉写真展と、大和郡山市の喜多ギャラリーで
開催中の木村茂銅版画展に出かけました。
奈良は久々でしたが、充実した一日になりました。

|

« 来週の展覧会 大阪編 | トップページ | 来週の展覧会 京都編 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/21610140

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良へ行く:

« 来週の展覧会 大阪編 | トップページ | 来週の展覧会 京都編 »