« ふぞろいなつわものたち | トップページ | 新着記事のお知らせ »

画廊回り、京都、7/15(火)

取材で終日京都に出かけていました。
街中は祇園祭の宵々山で混雑していたのですが、
夕方5時過ぎから突如猛烈な雨が降り出し、
皆びしょ濡れに。私は傘を持っていましたが、
そんなのじゃ防げないぐらい雨の勢いが強く、
濡れるし疲れるしで悲惨でした。
最後の方は通過してるだけみたいな感じになって
しまい、画廊と作家さんに申し訳なかったです。
では、今日撮った展覧会の様子をどうぞ。

Rimg16644

島田晧紀展  京町家ギャラリー桂風
会場は、仏光寺通高倉東入ルに今年5月にオープンした
町家ギャラリー。作家の島田さんは水墨画の巨匠で、
細川元首相に水墨画を教えているそうです。

Rimg16654

榎本晋展  ギャラリーギャラリー
名古屋在住の若手です。古着や歯切れなどで作った
妖精とも妖怪ともつかない人形たちを作っています。

Rimg16656

梅田香織展  ギャラリーギャラリー
ポリエチレンのオーガンジーを葉っぱの形にカット
して、落ち葉のように床に散らしています。

Rimg16659

イメージの新様態ⅩⅧ 伊藤梓  ギャラリーすずき
ダンサーの一瞬の動きに宿る美を捉えた写真作品。
露出オーバーなのは、余計な情報を排除するためです。

Rimg16664

Rimg16667

矢津吉隆展  アートスペース虹
真っ暗な室内で、プロペラに取り付けられたLEDが
回転して様々な模様(上)を作ります。部屋を明るくして
もらったら、こんなマシンが見えました(下)。

Rimg16670

江本麻紀展  ギャラリーはねうさぎ
繊維工場でゴミとして廃棄される端切れを使って
インスタレーションを作っています。

Rimg16672

西山奈帆子展  ギャラリーはねうさぎ
染色作品です。モチーフの選び方や色使いに独特の
エグさがあります。

Rimg16674

閑林宏祐展  石田大成社ホール
かなり厚塗りの日本画です。色数を抑えています。
グネグネした木の枝や地面の表現に存在感がありました。

追伸
今日は蝉の鳴き声で目が覚めました。
我がマンションの向かいにお寺があって、
そこの木に蝉がいっぱい発生するのです。
多分今朝が今年初だと思います。
思いっきりミンミン泣いてましたよ。

|

« ふぞろいなつわものたち | トップページ | 新着記事のお知らせ »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/22321390

この記事へのトラックバック一覧です: 画廊回り、京都、7/15(火):

« ふぞろいなつわものたち | トップページ | 新着記事のお知らせ »