« 画廊回り、京都、7/23(火) | トップページ | 書こうと思っていたのに… »

今日のおまけ

画廊回りの最中に撮ったショットです。ご覧下さい。

Rimg16821

東山からほんの少し顔を覗かせた雲。可愛いので撮影。

Rimg16840

地下鉄蹴上駅近くにある浄水場の壁が建て替えられました。
インクラインを意識したのか、明治調のレトロなデザインです。

Rimg16842

地下鉄烏丸御池駅内のウインドーギャラリーで展覧会が。
出品作家は、吉村敏和さん、吉村洋子さん、吉村良平さんの
3人。ご家族でしょうか。画像は敏和さんの展示です。

|

« 画廊回り、京都、7/23(火) | トップページ | 書こうと思っていたのに… »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/22502075

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のおまけ:

» ウッドバーニングの世界 [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
簡単なのに奥深い! ウッドバーニングの世界 (1/3) - 道楽遊楽 - ライフスタイルウッドバーニングとは?「ウッドバーニング」という言葉をご存じだろうか? 木の板を特殊なペンで焦がしながら模様や絵を描いていくこの絵画手法は「焼き絵」、「焦がし絵」とも呼ばれ、起源は15世紀のヨーロッパまでさかのぼるともいわれている。日本でも古くは熱した火箸(ひばし)や鏝(こて)を使って高級家具の扉などに絵を描く職人がいた�... [続きを読む]

受信: 2008年7月23日 (水) 23時28分

« 画廊回り、京都、7/23(火) | トップページ | 書こうと思っていたのに… »