« 新着記事のお知らせ | トップページ | 新着記事のお知らせ »

所沢ビエンナーレ プレ美術展

元ギャラリー16で、現在は東京を拠点に活動している
坂上しのぶさんから展覧会のお知らせをいただきました。
以下にメールを転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

埼玉県所沢市の西武鉄道旧車両工場で
8月27日から9月12日まで、作家主導の展覧会
「所沢ビエンナーレプレ美術展」が開催されます。
圧倒されるような巨大な空間です。

www.tokorozawa-biennial.com

会期中はシンポジウムやワークショップなども開催いたします。
27日17時よりオープニングパーティも行いますので、どうぞ
ご高覧ください!

所沢ビエンナーレ・プレ展 「引込線」
Pre-Exhibition Tokorozawa Biennial of Contemporary Art
SIDING RAILROAD

会期:2008年8月27日(水)~9月12日(金)(17日間)
時間:10時~18時  入場無料
会場:西武鉄道旧所沢車両工場 所沢駅西口より徒歩2分
住所:359-1124 埼玉県所沢市東住吉10-1

参加作家:伊藤誠、遠藤利克、大友洋司、岡安真成、木村幸恵、
窪田美樹、高見澤文雄、建畠朔弥、多和圭三、手塚愛子、
戸谷成雄、中山正樹、増山士郎、水谷一、山下香里、山本糾

参加執筆者:青木正弘、天野一夫、坂上しのぶ、沢山遼、
高橋綾子、谷新、千葉成夫、拝戸雅彦、原田光、真武真紀子、
峯村敏明、本江邦夫、守田均、山本さつき、渡部葉子

音楽パフォーマンス:小林聡

主催:所沢ビエンナーレ実行委員会  
共催:所沢市、所沢市教育委員会
協賛:武蔵野美術大学、株式会社資生堂
協力:西武鉄道株式会社、埼玉県立近代美術館
後援:埼玉県教育委員会、日本大学芸術学部

「所沢ビエンナーレ」は、2007年霜月、所沢市にゆかりの
ある美術作家数名の発案により始動いたしました。

発足当初からの主旨は、「表現者の原点に還って作品活動の
できる場をつくること」でした。なぜなら、表現者といえども、
刻々とかわる時代状況や美術思潮の変遷から無縁ではなく、
そうした意味で、現在こそまさに、表現の純度、表現の強度を
保つことの困難な時代状況にあると思われたからです。

その要因のひとつは、バブル期以降の美術をめぐる経済の肥大
と衰弱。そしてその波の中で、多くの美術家や美術館員が指針を
見失っていったこと。もうひとつは、その自己崩壊のなかで、
美術思想は衰弱し、逆に、それに反比例するかのように、
美術作品の極端な商品化、状況のコマーシャル化が進行して
いったことにあります。

たとえば、秋葉原風俗を背景にした一連のフィギュア・ポップ
もその一つといえますが、その凍りついたような人工性と一面性と
表層性が、無差別殺傷事件に象徴される、深層からの逆襲を招いた
といえます。美術思想とは本来、表面から闇に向かって垂直に
下りてゆくパースペクティブを獲得する知であったはずですが、
闇を欠いた表層の美術とその周辺は、皮肉にも闇の側に飲み込まれる
ことになったのです。美術が今取り戻さなければいけないのは、
表層の快楽ではなく、闇を含めた存在の全体性の回復なのだと
思います。そして、今それをなしうるのは、ギャラリーでもなく、
美術館でもなく、作家自体の行動なのだと考えます。
 
このような経過の下、私たちは今年、自主企画展「所沢ビエンナー
レ」・プレ美術展「引込線」を開催することになりました。
また、参加者は美術家だけに限定されるべきではなく、美術批評家
をはじめ、美術館員、美術教師、学者、思想家といった、美術を
構成するすべての成員に、私たち美術家と同じ立場で参加して
頂くべきだということになりました。

そうした意味も含めて、この展覧会は、前例に無い、画期的なもの
になるだろうと考えます。
「引込線」という展覧会のタイトルには、美術に係わるものの覚醒
した意志を引き込む、吸引力のある磁場をつくり出したいという、
作家側の切なる意図が込められています。

|

« 新着記事のお知らせ | トップページ | 新着記事のお知らせ »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/23221782

この記事へのトラックバック一覧です: 所沢ビエンナーレ プレ美術展:

« 新着記事のお知らせ | トップページ | 新着記事のお知らせ »