« 来週の展覧会 大阪編 | トップページ | 寺田マユミさんの個展@東京 »

金沢へ行く

高本さんから遅れること3日、私も金沢へ出かけました。
目的も同じで、金沢21世紀美術館ロン・ミュエック展です。
21世紀美術館については高本さんに譲るとして、
この展覧会は確かに見る価値がありますよ。
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/mueck/index.html
http://keyis.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/21_3f00.html

出品数は7点しかありませんが、彼の作品は全部合わせても
35点しかないらしいので、これでも十分な規模みたいです。
人間をモデルにした恐ろしくリアルな立体作品なんですが、
普通の人間とは明らかに大きさが違うので、
自分が今感じてるこのリアリティはどこから来るんだ?
かく乱された気持ちになります。
単なるそっくりならこんな気持ちにはならないでしょう。
フィギュアとも違うし、生き人形とも違う。
歴史的な西洋彫刻とも価値観が少し違うんじゃないかと思いました。
今、現実の生活からリアリティが希薄になりつつあるのに、
作り物であるアート作品からこんなにリアルを感じるとは。
そんなことばかり考えていたら、あっという間に2時間も経っていました。
会場には2種類の映像が上映されていて、
彼の作品がどうやって作られているのかがつぶさに分かります。
それを見て驚いたのは、ほぼ全工程で彼自身が作業していること。
アシスタントはいるけど、決して他人任せにはしません。
そして、超絶テクニックと同時に、細部まで執拗にこだわった
制作をしていることにも感心しました。
むしろ古典的な芸術家像なんですね、彼の場合。
作品の新しさと古典的な作家蔵のギャップが大きいんです。

以下は金沢で取った写真です。

Rimg17259

Rimg17260

金沢到着。

Rimg17261

金沢21世紀美術館。今日の金沢は暑かった。
きっとアイスも売れたことでしょう。

Rimg17263

名前を確認し忘れました。
21世紀美術館の向かいにあるレトロな建物です。

Rimg17265

上の建物の隣にあった石川四高記念館と石川近代文学館。

Rimg17272_2 

尾山神社の神門。中国風のデザインやステンドグラス
など、エキゾチックな雰囲気が格好いいです。

Rimg17269

尾山神社の中にある前田利家公の像。

Rimg17278

近江町市場は大リニューアルの真っ最中。
完成したら随分雰囲気が変わりそうです。

追伸
街歩きの最中に気付いたんですけど、
金沢にはまだクマゼミが到達してないみたいです。
アブラゼミの鳴き声がよく聞こえました。
クマゼミの鳴き声は情緒がないので私は苦手。
金沢がちょっと羨ましいです。

|

« 来週の展覧会 大阪編 | トップページ | 寺田マユミさんの個展@東京 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039409/23009348

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢へ行く:

« 来週の展覧会 大阪編 | トップページ | 寺田マユミさんの個展@東京 »