イベント

にわのあかり2008

今、NHKの『SONGS』という番組を見ながらこの文を書いています。
今日のプログラムは徳永英明さんの特集です。
徳永さん、人気ありますねえ。
大人の女性たちがウットリしながら彼の歌を聴いております。
家の近所のTSUTAYAでは、徳永さんのCDの所に「魔法の歌声」
という手書きPOPが添えられていました。
「魔法の歌声」か、上手いこと言うなあ。

全然関係ない話になってしまいました。本題です。
9月5日から7日に神戸の相楽園
にわのあかり2008というイベントが行われます。
相楽園は兵庫県庁の少し北にある日本庭園です。
その庭園が夕暮れから夜9時までライトアップされるほか、
筑前琵琶のコンサート、ジャワ影絵芝居、手回し活動写真
などのイベントも催されます。C.A.P.メンバーによる
「アート物見遊山」というイベントも行われます。
値段も手頃なので、特に神戸方面の方におすすめします。

にわのあかり2008 ~光と闇をあいたのしむ~
9月5日(金)~7日(日) 
夜間開園21:00まで、ただし入園は20:30まで 
※雨天の場合、内容が変更にある可能性あり。
神戸市立相楽園(神戸市中央区中山手通5-3-1)
大人(15歳以上)300円 中小150円
http://www.sorakuen.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林勇気さん出演のイベント

知り合いの編集者/ライター/美術家の岩淵拓郎さんから
イベントのお知らせをいただきました。8月30日(土)に行われる
林勇気さん(美術家)のトークです。林さんのことは私も
良く知っていて、質の高い映像作品を作る作家さんです。
以下に情報を転載しますので、興味のある方は是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

208 SHOWCASE #043
林勇気「“ゲーム世代”が見る視点。」

http://www.mediapicnic.com/208/archives/2008/08/showcase043_hayashi.html

毎回さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをお招きして、
その活動についてお話をおうかがいする208 SHOWCASE。
今回は、映像やインスタレーションの作品を制作している林勇気
さんです。林氏が作る映像の中で、ロールプレイングゲームの
ような俯瞰の情景でおこる事柄は、ファンタジーでありながら
淡々と進んでいきます。近作の映像作品についての他、映像・
美術・音楽・ファミコンのお話などをしていただきます。

日 時:8月30日(土)19:00~(トークは20:00~)
参加費:1,500円(1 drink+今月のパスタ)
定 員:15名(要予約)
ゲスト:林勇気(映像作家)
申込み:http://www.mediapicnic.com/208/postmail/postmail.html

《林勇気プロフィール》
1976年京都市生まれ。97年より映像制作をはじめる。99~02年
映像作家大木裕之の映像作品に参加。02年イメージフォーラム
フェスティバルで審査員特別賞、06年AMUSE ART JAMで準グランプリ
を受賞。国内外のギャラリー、アートスペース、映画祭等で
映像を発表している。カメラやビデオカメラでコマ撮り撮影
することで時間を、空間を切り抜くことで空間を切断していき、
それらを緻密に合成することで映像作品を制作している。
TVゲームを通過した映像の言語をもちいて、日常との対話の
中から生じた、現実の世界と思考・感覚のあいだにあるかの
ような景色や出来事をえがこうと試みている。
http://www1.odn.ne.jp/tropfen/kanyukuyuki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STUDIO Q2、9月のイベント

STUDIO Q2とは、神戸のC.A.P.の新しい活動拠点です。
毎月様々なイベントが行われています。
7月31日の当ブログで8月のイベントをお知らせしましたが、
続いて9月の情報を以下に掲載します。
なお、詳細はC.A.P.のサイトでご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STUDIO Q2で知る神戸の近代化遺産(その3)
港とともに歩む名建築

  9月13日(土) 19:00~
  話題提供者:中尾嘉孝(港まち神戸を愛する会)
  参加費1000円(メンバーは800円) 1ドリンク付

SELECT vol.2 海のそばで観たいこの映画
  9月14日(日) 16:00~
  出演:小林範之(グラフィックデザイナー)、
  築山有城(アーティスト)
  参加費1000円(メンバーは800円) 1ドリンク付

Rendez Vous a la Mar 海であいましょう
  9月20日(土)~10月7日(火)
  ※Q2ではじめて行われる展覧会です。

会場:STUDIO Q2(神戸市中央区・新港町4)
http://www.cap-kobe.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【関連情報】
にわのあかり2008 相楽園アート遊山
  9月5日(金)~7日(日)
  会場:神戸市立相楽園(神戸市中央区・中山手通5)
  http://www.sorakuen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOKWORKPLAYS

大阪・中ノ島のgrafで、BOOKLUCKとgrafのコラボ・イベントが
行われています。本好きの方におすすめです。以下にいただいた
メールからの抜粋を転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BOOKLUCK × graf presents... BOOKWORKPLAYS 

ただ本を読めて買える!ってだけでなく
自分だけの本が作れたり、作ってる現場をのぞき見できたり。
あまたの仕掛けがぎゅっと詰まった新しいカタチの「本の場」が
2ヶ月間限定オープンします。
プロデュースは「private something」をテーマとするリトル
プレスレーベルBOOKLUCKとgrafのコラボレーション。
小部数手作り本、リトルプレスの台頭などいま本はこんなにも
自由。だから本の場だって、もっと自由になっていい。
遊びゴコロと作りゴコロをワクワクさせるブックワークプレイス
に是非お越し下さい!

2008年8月1日(金)~9月28日(日)
graf salon (graf bld.1F・大阪市北区中之島4-1-18)
12:00-20:00 
※8月30日(土)は他のイベントのためお休み。
月曜日休み(祝日の場合は翌日休)
グラフフサロン
salon@graf-d3.com
http://www.graf-d3.com/event/bookworkplays/index.html

*********************************************************

イベント情報
ワークショップ「ブックカバーをつくろう!」

いろんな素材を切ったり貼ったりくっつけたり。本といっしょに
いることが楽しくなるそんなブックカバーをつくってみませんか?

2008年8月23日(土)13:00-15:30ごろまで
graf salon"WORKPLAYS"(graf bld.1F)
参加費¥1,500(材料費込み)※定員10名(要予約)
[ご予約・お問い合わせ] グラフサロン salon@graf-d3.com

*********************************************************

共同企画者プロフィール

山村光春(やまむらみつはる)
大阪生まれ。雑誌「オリーブ」嘱託ライターを経て、2001年、
主にペーパーメディアの編集・執筆を中心に行う個人事務所
「BOOKLUCK」設立。と同時に初の自著「眺めのいいカフェ」
上梓。このころから盛り上がりを見せるカフェブームの動向を
つぶさに見守る立場として、エッセイなどを執筆するように。
2004年ごろよりブックカバーと本がいっしょになった
「Bookcover×Book」など、リトルプレスを数多く制作。
2005年「あたらしい教科書 01 雑貨」(プチグラパブリッシング)、
「ヨーロッパを旅した猫のはなし」(ブルースインター
アクションズ)、「家具をつくる、店をつくる。そんな毎日」
(アスペクト)など、手がけた書籍を次々と増刷へ導く。
他、自著として「take away souvenir」(ファームヤード
ユニオン)、共著として「カフェの話。」(アスペクト)、
「カフェをはじめたくなる本、カフェをやめたくなる本」
(ギャップ出版)などがある。
http://www.bookluck.jp

協力先プロフィール

築山万里子(つきやままりこ):アサヒ精版印刷株式会社
大阪生まれ。短大卒業後、服飾デザイン事務所に3年勤務の後、
アサヒ精版印刷(株)入社。天性の明るさで、関西の若手クリ
エーターたちと深く交流。また、プリンティングディレクター
という新たなるポジションを確立し、様々なデザイナーたちと
アイデアを出し合い、企画することで、これまでにない
ユニークな仕掛のある紙媒体の表現を数多く生み出してきた。
広告企画のプロデューサーとしても活躍中。
http://www.idea-web.jp

UTRECHT(ユトレヒト)
2000年7月、オンラインショップ「UTRECHT」オープン。同年
11月代官山にショップオープン。2005年、ショップを中目黒
に移転。有限会社ユトレヒト設立。移転を機にショップ業務
のみならず、本にまつわる様々な業務を拡大させる。エキシ
ビションを企画し、伴う形でアーティストブックの編集、
制作から販売、流通まで行う。自社出版物以外にも、国内外
のスモールパブリッシャーの日本への普及を目的とし、
ディストリビューション業務も行う。
また、これまでのノウハウを活かし、インテリア、アパレル
ショップを中心にしたブックショップディレクションを、
ホテル、施設などでは、来客の集まるロビーを生かした
ライブラリーディレクション、期間限定ショップの企画、
運営も行う。加えて、出版社からの依頼を受け、著書、共書、
雑誌コラム連載、編集など、その活動は多岐に渡る。
http://www.utrecht.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサートのお知らせ×2

川西市のHANAREさんと神戸のギャラリー島田さんから
コンサートのお知らせが届きました。一方はアフロや
カリビアンのリズム・アンサンブル。もう一つは
ピアノとバイオリンのアンサンブルです。
以下にいただいたメールの抜粋を転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Nacional Jam's LIVE!

8月24日(日) 17:00開場、18:00開演
予約2500円 当日3000円 いずれも1ドリンク付

ピアノとスティール・パンをフロントに、アフロルーツ、
カリビアン、とビートを構築するリズムアンサンブル。
詩的に情景を描く曲、縦横無尽にアドリブを発展させる
ピアノの旋律など、様々な表情を見せるオリジナル曲。
インストゥルメンタルなのにPOPな一面を併せ持つ。

山村誠一(steel-pan percussion) 
永見行崇(piano, saber) 
山田晴三(Bass,kalimba) 
中村岳(cajon)
http://www.saezuri.net/

youtube動画発見 
http://jp.youtube.com/watch?v=KAfY4_-jiaE 
(実際はもっと迫力ありますよ。)

<ご予約・お問い合わせ>
HANARE
info@hanare.info  www.hanare.info

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色彩の詩人 シャガール展
「シャガールの調べ-ヴァイオリンとピアノで綴る詩情の世界」 

9月6日(土)から兵庫県立美術館ではじまる「シャガール展
色彩の詩人」は、シャガール珍しい作品と出会えるチャンスです。
但し、会期が10月15日までと短いので、お見逃しなきように。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/index.html

関連するコンサートに私の友人でもある二人の音楽家が、
素晴らしいコンサートを準備しました。
シャガールにインスピレーションを受けて作曲を続けてきた
林晶彦さんとヴァイオリンの金関環さん。
ギャラリー島田のサロンでも演奏していただきました。
コンサートは無料招待ですが、申し込みが必要で、締め切りが
迫っています。希望の方はお急ぎください。
 
シャガールの調べ-ヴァイオリンとピアノで綴る詩情の世界
9月7日(日) 午後2時~(約90分)
兵庫県立美術館ギャラリーにて(定員250名)
出演者:林 晶彦 (作曲・ピアノ)、金関 環 (ヴァイオリン)
鑑賞無料(事前に往復ハガキでのご応募が必要となります)
※未就学児童・乳幼児につきましてはご応募・ご入場とも
ご遠慮ください。
【お申し込み方法】
申込期限:8月22日[金]当日消印有効
往復はがきにて往信ウラに
(1)郵便番号・住所、(2)氏名、(3)電話番号もしくは携帯番号、
(4)お持ちの方はメールアドレス、(5)希望人数(2名様まで)、
(6)シャガール展記念コンサート鑑賞希望 と記入。
・返信オモテにも応募者の住所、氏名を記入し、下記あて先へお送り
ください。 (※返信ウラには何も記入しないでください)

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
兵庫県立美術館「シャガール展記念コンサート」鑑賞受付係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美術寺子屋 by 森村泰昌

美術家の森村泰昌さんが国立国際美術館
連続講義を行うそうです。
講義といっても柔らかい感じで、
楽しく美術のお勉強をしたい人にもってこいです。
いただいたメールの一部分を以下に転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在私は、大阪中之島の国立国際美術館のご協力を得て、
「美術寺子屋」という連続講義を考えています。
緒方洪庵の適塾や吉田松陰の松下村塾など、あるいは
そんなに大層なものでなく、等身大の規模の学校‥‥
という意味で「寺子屋」的な活動が出来ないかと思い、
今回の催しとなりました。
とはいえ、私も塾長などという大役は到底無理ですので、
皆さんといっしょに共通のテーマを論じたいというのが
本音です。あまりしばりのきつくない、出来るときに
やるというような、ゆるやかな試みとしてやろうとも
考えております。

1回だいたい4時間程度で2講座と質疑応答、これを
5回完、全10話という予定で実施したいと思います。
テーマは「自画像の話」です。主に西洋における自画像の
試みをレオナルド・ダ・ヴィンチから現代まで私なりに
考察し、「私」とはなにか、「なぜ自画像なのか」などを
語りたいと思います。

第1回は10月4日(土)午後からです。
くわしくは、国立国際美術館のサイト

http://www.nmao.go.jp/japanese/home.html

「森村泰昌 美術寺子屋」を参照してください。
なおこのサイトの寺子屋情報配信サービス欄に登録して
いただきますと、美術館より今後の寺子屋開催日などの
情報を皆様に配信サービスいたしますので、ご興味を
持っていただいた方はぜひご登録ください。
寺子屋参加は無料。一回ごと完結ですから、途中からの
参加も可能
です。ご友人などにもお知らせいただき、
ふるってご参加していただけましたら幸いです。
第一回配信は9月初めに行いますので、登録なさる方は
8月中にすませていただけましたら幸いです。

以上、森村からのお知らせといたします。
今私はレオナルドの本を読み、付け刃で第一回目の
準備中で、いささか心もとない限りですが、
寺子屋にて皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レゴの展覧会

ABC朝日放送の隣にある堂島リバーフォーラム
今日から始まったレゴで作った世界遺産展 PART2 
に出かけました。
どうやらチャリティのイベントらしく、協賛企業の商品が
並んでいたり(トヨタのプリウスとか)、色んなジャンルの
クリエーター達が作った作品も出品されていました。
パブリシティ臭の強さが少々気になりましたが、
それでも本題のレゴは見応えがありました。
私が子供の頃、レゴは大変高価な玩具だったので
買ってもらえず、もっぱら国産のダイヤブロックで
遊んでいました。レゴの発色の美しさとバリエーションの
豊富さには、子供心にも強い憧れを抱いたものです。
以下は展覧会の様子です。会場内は誰でも撮影OKです。
レゴのショップやレゴで遊べるコーナーもあります。

Rimg17222

古代エジプト文明の彫像とピラミッド。

Rimg17210

サグラダファミリア聖堂(手前)とピサの斜塔(奥)。

Rimg17226

モンサンミッシェル(手前)とコロッセオ(奥)。

Rimg17216

チベット仏教の寺院(手前)と沖縄の首里城(右奥)。

展覧会は8月31日まで開催。詳細は以下でご確認を。
http://www.dojimariver.com/hall/hall.html?menu=news

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェネチア・ビエンナーレ建築展ツアー

私の知人で元アーリーギャラリーの有田さんから
ツアーの情報をいただきました。以下に転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本館コミッショナー 五十嵐太郎氏、 
日本館出展作家 石上純也氏のレクチャー付
第11回 ヴェネチア・ビエンナーレ建築展ツアー

企画 アートスタディーズ実行委員会、協力 旅行会社エスティージャパン
日程 2008年9月10日 ~ 16日 〔復路フライト延長可能〕
目的 ヴェネチア・ビエンナーレ建築展とその周辺都市の建築めぐり
ex.ヴェネチアには、カルロ・スカルパやパラディオの建築群、
ペギー・グッゲンハイム美術館、
安藤忠雄氏によるプンタ・デラ・ドガーナの再生計画がすすむ現場など。
ヴェネチアからはヴィチェンツァやヴェローナなどの周辺都市に日帰り可。
基本的に自由散策。

旅費 ¥225,000~335,000
※学割あり。宿泊エリアによって料金異なる。
旅費には、往復航空券、空港からホテルまでの送迎サービス、ホテル宿泊
費用、お食事(毎朝食&機内食)、及び、五十嵐太郎氏と石上純也氏のレク
チャー参加費含む。ただし、レクチャーの場所はヴェネチア島内のカフェ
を予定しており、別途1ドリンク代必要。8月8日までの申し込み〔航空券
の発券〕であれば、別途の空港税・燃料サーチャージは成田空港発着
¥47,230、関西空港発着¥47,840。

最高催行人数 35名
最小催行人数 10名
アートスタディーズからの参加予定者
五十嵐太郎〔建築史・建築批評家、本展の日本館コミッショナー〕
彦坂尚嘉〔アーティスト・美術評論家〕

ツアーアレンジ協力
宮本佳明〔建築家、第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展参加、
金獅子賞受賞〕

お申し込み、お問い合わせ
ツアー担当:企画編集舎roundish 有田泰子
early@roundish.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第11回 ヴェネチア・ビエンナーレ建築展 開催概要

期間 内覧会 2008年9月11~13日   
   一般公開 2008年9月14日~11月23日
総合テーマ Out There. Architecture Beyond Building
総合ディレクター Aaron Betsky[シンシナティ美術館館長/オランダ
建築協会前ディレクター〕
公式webサイト http://www.labiennale.org/en/
[日本館]
日本館コミッショナー:五十嵐太郎(〔建築史・建築批評家)
日本館テーマ:EXTREME NATURE -SMALL PAVILIONS-
参加作家:石上純也(建築家)、大場秀章(植物学者)

内覧会への参加リクエスト7月末までに下記URLフォームで登録
http://www.labiennale.org/en/architecture/exhibition/en/63484.html
http://www.labiennale.org/en/architecture/exhibition/en/79541.html

アートスタディーズ
http://artstudy.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンスの時間 サマーフェスティバル 2008

知り合いのダンサー&役者&アーティスト、升田学さんから
公演情報が届きました。以下に転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猛暑がつづきますがいかがお過ごしでしょうか?
升田より公演のご案内です。
隅地茉歩(セレノグラフィカ)振付による作品「ファスナハト」
を上演 いたします。皆様お忙しいとは思いますが、ご友人等
お誘い合わせの上是非足ご来場ください。

ダンスの時間 サマーフェスティバル 2008

日時:8/17(土)  17:30  4組出演します(順番未定)
会場:ロクソドンタ・ブラック  天王寺駅より徒歩5分
料金:前売り2500円 当日2800円
※升田+花沙以外の出演者:村上和司、中島GEN元治、きたまり

予約:アートーン宛にメールにてお申し込み:1.希望公演日時 
2.枚数 3.お名前 4.電話番号 5.メールアドレス
office@a-t-n.jp まで送信ください。

隅地茉歩 プロフィール
文学研究の分野からダンスの世界に転身。97年阿比留修一と
セレノグラフィカを結成、代表として現在に至る。自身の規格外
体型、規格外テクニックによるワンダームーブメントを生かした
振付と、繊細な演出が持ち味。多様な解釈を誘発するその独特の
作品性は、ヨーロッパでも好評を博し、「物語から抜け出した
老いた子供」(ル・モンド紙)などと評される。TOYOTA
CHOREOGRAPHY AWARD 2005 にて「次代を担う振付家賞」受賞。

花沙 プロフィール
幼少より身体が醸し出す表現性に、深い興味を抱く。96年から
神戸大学発達科学部人間行動・表現学科において、舞踊教育史
等を修める。00年よりソロ作品を発表しながら、エメスズキ
DANЭヨPACEの活動に参加。07年3月、NPO法人DANCE BOXのone-
danceに選出され、『hana』を上演する。

アートーン
tel.fax.0797-84-6614  http://a-t-n.jp

「ダンスの時間~」の全容は以下でご確認を。
http://www.thekio.co.jp/loxodonta/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STUDIO Q2、8月のイベント

STUDIO Q2とは、神戸のC.A.P.が今年5月から
神戸港新港突堤上屋Q2を舞台に展開している
アートプロジェクトです。その8月のイベント
をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おとなのアートりん海学校/夜間部
  8月9日(土)21:00~10日(日)6:00
  参加費5000円(講座受講料、材料費、夜食+1ドリンク付き)
  定員40名(20歳以上)
  ※保健室及び仮眠室、学食あります。

シモダバンド コンサート
  8月22日(金)19:00~
  [出演] シモダノブヒサ(vo)/川瀬眞司(g)/
  藤沢祥衣(acc)/三木重人(vln)
  料金1500円(メンバー1200円)
  http://www.myspace.com/shimodanobuhisa

Q2プラモ部 「プラモデルを買いに行こう!」
  8月23日(土) ※基本的に毎月第4土曜日
  [講師] トミー先生
  参加費1ドリンク付き各回1000円(プラモ代は実費)
  定員10名

TOMO'S DINING ワールドビールの夕べ
  8月30日(土)19:00~
  参加費2500円
  10人限定(完全予約制)

詳細はC.A.P.のサイトでご確認を
http://www.cap-kobe.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)